高校生にもなってキスしたことないって病気じゃない?『キミの青春、私のキスはいらないの?』【感想】

ライトノベル

 

 

あらすじ

完璧主義者を自負し、医師を志す俺、黒木光太郎は苦悩していた。
完璧な人生にはキスが必要なのか……いや、恋愛もキスも俺を惑わせるものに違いない!

そんなときに出会ったのは「誰とでもキスする女」と噂される同級生の日野小雪。ひょんなことからこいつと、「ある勝負」をすることになったんだが――

「ね、チューしたくなったら負けってのはどう?」
「ギッッ!?」
「あはは、黒木ウケる――で、しちゃう?」

誰がキスなんか! と思いつつ。俺は目が離せなかったんだ。俺にないものを持っているはずのこいつが、なんで時折、寂しそうに笑うんだろうか。

――非リア、ヤリチン、陰キャ、ビッチ。
この世には「普通じゃない」ことに苦悩する奴らがいる。
だが――それを病気だなんて、いったい誰に決める権利があるんだ?

全ての拗らせ者たちに処方する原点回帰の青春ラブコメ!

電撃文庫から引用

 

作品

タイトル キミの青春、私のキスはいらないの?
著者 うさぎやすぽん
イラスト あまな
発売日 2021年6月10日
ISBN 9784049135749
ページ数 328

 

おすすめポイント!
・完璧主義者の主人公と無意味なことが好きなヒロイン
・無意味の中にある青春
・対極にあるようで似た者同士

感想

 

貴志貴志
貴志貴志

気が散って集中できなかった!

しらかみちゃん
しらかみちゃん

私的な理由で申し訳ない

貴志貴志
貴志貴志

写真をばら撒かれたくなければ勝負しろ!って感じの展開

しらかみちゃん
しらかみちゃん

けど内容はのほほんとしつつ少し重い部分がありました

貴志貴志
貴志貴志

自由で無意味な行動をする日野小雪ちゃん

しらかみちゃん
しらかみちゃん

対照的に意味を求めて行動する黒木光太郎

貴志貴志
貴志貴志

この二人が交わった時に生まれる化学反応は⁉︎でした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

実はどちらも似た感じの存在でしたね

貴志貴志
貴志貴志

小雪の過去を知ってしまったらああなってしまうのも仕方がない。とも思えます

しらかみちゃん
しらかみちゃん

それが大事なもので目標で、生きる意味だったから尚更でした

貴志貴志
貴志貴志

そんな彼女が諦める理由が欲しかった、ではなく心のどこかにあった本当の気持ちを黒木に求めていたって感じでした

しらかみちゃん
しらかみちゃん

黒木が小雪の行動に困惑させられている一方で、小雪は黒木に何か期待していたのですね

貴志貴志
貴志貴志

本音をぶつけてすれ違った二人

しらかみちゃん
しらかみちゃん

黒木も思考を巡って小雪との時間に意味を見出していました

貴志貴志
貴志貴志

小雪は猫のような孤高でしたが、黒木は友人に凄く支えられていました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

あの友人たちの個性しかない存在は結局個性の塊の黒木と似通った存在でした

貴志貴志
貴志貴志

幼なじみの真っ直ぐで人を疑うことを知らない純粋な女の子でしたがその言葉が心に響いていて

しらかみちゃん
しらかみちゃん

そんな人達の助けがあっての結末でした

貴志貴志
貴志貴志

小雪ちゃん可愛かったです

しらかみちゃん
しらかみちゃん

八重歯の挿絵特にが可愛かったです

貴志貴志
貴志貴志

挿絵ってなんかラフみたいな感じでしたが、こういった絵柄が結構好きなんですよ

しらかみちゃん
しらかみちゃん

趣があるというかデジタルだろうけどアナログ感があって良いというか

希望をなくしたヒロインと愚直に進む主人公の物語でしたがところをどころ読むペースが遅くなりました

貴志貴志
貴志貴志

会話が多かったり歌ったりは苦手みたいです自分

しらかみちゃん
しらかみちゃん

歌は特にアニメ化すれば良い良い感じなんだろうけど文章だと詩を読んでいる感が強くて

貴志貴志
貴志貴志

周りの雑談も意味があるんだろうけど全部読む必要があるのかな?と疑問に思ったりでぐだりました

しらかみちゃん
しらかみちゃん

ただ思春期真っ只中の人達には刺さる作品

貴志貴志
貴志貴志

悩んでる迷走して、意味がないと思えることに生きる様が良かったです

後になればあの時間が楽しい思い出になるんですよ!


キミの青春、私のキスはいらないの? (電撃文庫)




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました