黒羽の妹、美少女双子の朱音&蒼依も ヒロインレース参戦!?『幼なじみが絶対に負けないラブコメ7』【感想】

ライトノベル

六巻の感想→『幼なじみが絶対に負けないラブコメ6

 

 

あらすじ

両親との問題が解決した真理愛だけど、なんだか雰囲気が変わり、俺も一緒にいると前より照れくさい気が……って、これはまさか、黒羽や白草と同じくらい、真理愛を意識してるってことなのか!?
そんな真理愛を含めた三人からのアプローチが勢いを増す中、新たなトラブルが勃発。朱音が不良の先輩に告白されて、何やら揉めているらしい。ここは兄貴分として助けてやるしかない! ……のだが、中学時代の制服を着て学校に潜入とか恥ずかしいんですけど……。女子たちの中学の制服姿が見られるのはラッキーだけどな! しかし、蒼依や碧も最近なんか変だし、俺、何もしてないよな!?
黒羽の妹たちも参戦で、末晴もパニック寸前のヒロインレース第7弾!

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル 幼なじみが絶対に負けないラブコメ7
著者 二丸 修一
イラスト しぐれうい
発売日 2021年4月9日
レーベル 電撃文庫
ページ数 328

 

感想

貴志貴志
貴志貴志

ダークホース参戦⁉︎

カラフルシスターズで人気を博していた三姉妹。その中でYESNOとはっきりしている朱音が末晴の気持ちを引くためにととった行動が問題を引き起こすことになっていました。

前回の真理愛の出来事から末晴の真理愛の見る目と、真理愛の行動が変わっていました。

意識し始めた気持ちは派生していって、他の妹達に対しても変化していて。

ここで真理愛の心境が見えないから、演技が本気か分からないところが良いですね。

志田姉妹に焦点が当たった今巻でしたが、朱音の普段変化がない表情が変わったり、蒼依の揶揄い甲斐のある反応は末晴でなくても弄りたくなるものでした。

三人の関係が横並びになり、末晴が持つ気持ちを掻き乱す人物。新たな答えが衝撃的な最後でした。


幼なじみが絶対に負けないラブコメ7 (電撃文庫)

コメント

  1. […] 七巻の感想→『幼なじみが絶対に負けないラブコメ7』 […]

タイトルとURLをコピーしました