ライトノベル

ライトノベル

「俺、雪菜先輩のことが大好きです」『毒舌少女はあまのじゃく3』【感想】

あらすじ 波乱の文化祭から、俺と雪菜先輩の仲は明らかに進展していた。 このまま恋人になれるかも――という気持ちが膨らむ中、季節はクリスマス目前! 当然、俺は雪菜先輩とのクリスマスデートを意識していたのだが…… ...
ライトノベル

人と距離をとった末晴は――。 衝撃のクリスマスパーティ開催『幼なじみが絶対に負けないラブコメ8』【感想】

七巻の感想→『幼なじみが絶対に負けないラブコメ7』 あらすじ  ――やっちまったぁぁぁぁぁぁぁぁ!? ――何やってるんだよ、俺ぇぇぇぇ!? いや、でも聞いてくれ。黒羽と白草だけでなく、真理愛まで意識するようになって、...
ライトノベル

これはあくまで仕事で、カップル役の演技――のはずなんだけど。『演距離カノジョの比奈森さん』【感想】

あらすじ “カップル派遣”――カフェで、水族館で、仲良しカップルを演じてみせるいわゆるサクラ業。役者を目指して始めたバイトだけど「鳴瀬くん、もっとギュッとしてもいい?」比奈森さんが相手役だと心臓がもたない!? ファン...
ライトノベル

夏の定番ラブコメイベントに母と妹まで参戦『母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ2 せめて息子のラブコメに妹までまぜないでください』【感想】

一巻の感想→『母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ』 あらすじ 母親に代わりエロラノベ作家デビューしたのもつかの間、今度は妹の美悠羽がエロイラスト大賞ノミネート!? プールに夏祭りに、って俺と凜夏の夏のラブコメ計画に、...
ライトノベル

高校生にもなってキスしたことないって病気じゃない?『キミの青春、私のキスはいらないの?』【感想】

あらすじ 完璧主義者を自負し、医師を志す俺、黒木光太郎は苦悩していた。 完璧な人生にはキスが必要なのか……いや、恋愛もキスも俺を惑わせるものに違いない! そんなときに出会ったのは「誰とでもキスする女」と噂される...
ライトノベル

毎晩の電話が2人をつなぐ、一学年上の先輩との一対一ラブコメ!『どうしようもない先輩が今日も寝かせてくれない。』【感想】

あらすじ  秋斗の尊敬する先輩・安藤遙は睡眠不足な残念美人。昼夜逆転絶賛不摂生中な遙の生活リズムを改善するため、なぜか秋斗は毎晩電話で遙に“もう寝ろコール”をすることに。 しかしじつはこの電話は、奥手な遙がなんとか秋...
ライトノベル

この恋は始まった瞬間にオチている。『ラブコメ嫌いの俺が最高のヒロインにオトされるまで』【感想】

あらすじ 「高橋先輩に私を撮って欲しいんです」 廃部の危機を迎えていた写真部に現れた学校一の美少女水澄さな。 雑誌モデルの彼女が素人の俺に撮って欲しいなんて……何が目的だ? 「家に遊びに行っていいですか?」 「...
ライトノベル

許されない。止められない。“二度目”の初恋が始まる『君は初恋の人、の娘』【感想】

あらすじ 「よければ……お礼がしたいです」 社会人として充実した日々を送る一悟は、ある夜、酔っ払いから女子高生のルナを助ける。彼女は生き別れた初恋の人、朔良と瓜二つだった。 「お母さんを知ってるんですか?」 ルナ...
ライトノベル

「助手。もう一度、仲間を助けに旅に出よう」『探偵はもう、死んでいる。5』【感想】

四巻の感想→『探偵はもう、死んでいる。4』 あらすじ 高校三年生の俺・君塚君彦は、かつて名探偵の助手だった。 「あんたが名探偵?」二度目の始まりは一ヶ月前、夕暮れの教室。ぬるま湯の日常の中で、俺は同級生の探偵助手になっ...
ライトノベル

表情の乏しい少女を笑顔にさせる、甘くも焦れったい恋の物語。『ひだまりで彼女はたまに笑う。』【感想】

あらすじ 高校生活初日の朝、佐久間伊織は銀髪碧眼の少女と猫が相対している場面に遭遇する。近づく猫に対して困惑気味の少女が発する言葉は――。 「こ、こっちに来ちゃだめにゃー」 思わぬセリフに困惑する伊織に気づき、足早...
タイトルとURLをコピーしました